ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【三章】Piece.2 その表情が、仕草が

翌日の天候は晴天。


3-2


穏やかな風が、とても心地よく、
一般家庭にとっては絶好の洗濯日和だろう。


3-2


一行は一路、帝都を目指す。
Leraieも帝都まで同伴する事となったが。
その後は仕事で別行動をとるらしい。

tougaとLeraieは共に装い新たにし、
Leraieはまぶしいぐらいの白一色、
tougaは白基調に黒の装飾が施された軽装へと着替え、
目立つ髪が隠れるように、フードを被っている。
唯一Caymだけは、『めんどくさい』との理由で同じ装備のままだが。

3人の間には、変わらずの距離がある。


3-2



Caymは、2人と距離を大きく取って後方に。
前方の2人の雑談を、ぼんやりと見ていたCaymだったが
ふと、視線を逸らす。


3-2


Cheydinhalから帝都への道のりは、いつもと同じ景色。
そして、いつもどおり、Cyamの瞳には全ての景色が色あせて見える。
どんな晴天であっても『綺麗』という感情が浮んだ事がない。
眼に映るのは『無機質な造形物達』といった感想。

ただ一つだけ、帝都を見て想う事は。


3-2


あの時の夜。
彼女が微笑みながら『いつか、お前にも判る日がくるさ。』と言った。
その日からはもう、幾分も経つ。
それでもまだ、Caymはその時のAsherahの言葉が理解できないで居た。

(本当に、可能な事なのか? こんな俺に)



ぼんやりと立ち尽くしてしまっているCaymに気づき、
前の2人は足を止める。


3-2


「どうしたんだろ…最近ぼーっとしてる事多いよね」

「そうですね…」

家に居ても、ぼんやりと頭半分で話を聞いているようで、
ここのところCaymの様子がおかしいのは確かだ。

「声かけたほうがいい――」

いいかけたのを、口元に人差し指を当ててLeraieが制す。

3-2

いつもの、不敵な表情がそこには浮んでいて、

「Leraie?」

tougaの声にも答えずに、ただ笑みを返す。







すっかり遠くに見入っていたCyamが我に返り
慌てて2人を追おうと、前方を見る、が


3-2


「―――!?」


まてまてまてまて。
確かにボーっとしていた自分が悪い、
だけど、そんな長時間ボーっとしていた訳じゃないはずだ。

だが、道の先には2人の姿は見当たらない。

そこの岩陰か!?と駆け寄るも


3-2


「いねぇ!!」


なんでだ?どうなってる?!

Letaieがどこか別の場所へ連れて行ったのか?
いや、それよりもまた、Megairaが…
大混乱の脳内では、様々な可能性が駆け巡る。

完全なパニック状態。


それも、後ろの気配に気づかないほどに。


「―――わぁ!」

背中を突然叩かれ、大きく背を跳ね上がらせながら
Cyamは振り返る。

何もなかったそこに、じんわりと2人の姿が浮かび上がってくる。


……やられた。


3-2


「あ…えと。び、びっくりした?」

「おま…えらな……!」


透明化魔法。
Leraieの策略に嵌った、完全に。


「油断してた方が悪いですよ?」

睨みつけられ、若干怯え気味にクビを傾げる1名、
ニヤニヤと面白そうに笑っている1名。

「ちょ、ちょっと心配で…おどかしたら元気でるかなって」

「気配に気付かないぐらい、テンパってたんですか?」


だーっ、もう。



3-2



「うっせぇ、ばーか!!!」


子供のように悪態をつきながら、
ずかずかと先にCaymはいってしまう。

それを見て、思わずLeraieが噴出して笑い、
tougaはますます困惑の表情を見せる。


3-2


「怒らせるつもりなかったのに…」

「大丈夫大丈夫。すねてんですよ、アレ。
後で酒でも奢れば機嫌直りますから」

2人は顔を見合わせて笑ってから、
ぷりぷり怒っているCaymの後を追いかけていった。











間があいてしまいました、お久しぶりです。

どうにもテンションが上がらず、ずっとうだうだしてました。
それにつけくわえ、オブリで普通にあそぼー、とプレイして、
少し高い岩からジャンプし、着地→ダメージ→クラッシュ→ブルスク
という事も経験してガクブルでした。
何かのMODで、ダメージを受けるとクラッシュする可能性がある?的な
内容みたなーと、思いましたが何かすら覚えておらず…
再起動して、もう一度同じ事をしてみましたが、今度はクラッシュせず。
時々、って感じなんでしょうね…。

あと、例の画面がおかしくなる現象が再発して、
もしや…と思い、MODを一つ外したところ、症状が改善。
どうやら「ScreenEffect」というMODが悪さをするようになっていたようで、
外してみたら収まりました。
色味を抑えたりできて、加工の手間が省けて好きだったんですが…仕方ないです。

しかし、HDRからBloomに変えてからというものの、
どうにもSSがおかしくなる。

例:※微グロ?注意

ぎゃああぁぁ

Σ(゚д゚lll)キャアァァァァァ


こんな感じの現象がしょっちゅうおきます。
HDRだとたしか出ないんですよね…。SS撮影ツールと相性がよくないのかな。


更に、また問題点が噴出。
インビジブル系のエフェクトが画面に表示されると
尋常じゃなく重くなる状況に。
AAを切れば改善されるのか…はたまた他の設定か?
など、色々考えて、嫌になって今に至ります。

色々試行錯誤しながらやってみます。
いい加減PCの性能のせいかな…。






あ、あと先日誕生日迎えました。
なんか色々お祝いもらったり、ケーキ食べたりしてました(*ノノ)


関連記事

| RP日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

始めましてブログランキングからきました。微グロの画像笑えます。ゲームの最中こんなのがいたら驚きますね。ちなみにhttp://flashmogu.110mb.com/これが私のフラッシュゲームサイトですよかったらきてね

| maru | 2010/06/28 13:19 | URL |

>maru様

返信大分遅くなって申し訳ありませんっ
微グロは本当に…SS見てビックリしました、何事かと

Flashゲームですかー
ネットブックで閲覧が多くなってきたので
中々プレイできなかったりするんですが
デスクトップが落ち着いたら遊びにいきますー♪

| touga | 2010/07/13 17:30 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。