ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3章】Piece.22 The Wayward Knight 1

「あ」

3-22

階下を見やって、tougaは思わず声を上げた。

玄関扉前に立っていた人物は
上階のtougaに気付くと、顔を緩ませる。

3-22

手を振られ、思わず降りていこうとするtougaに
Claudeは手振りで着替えるように伝える

あわあわと、その場で数歩タタラを踏みつつ
tougaがLeraieに向くと

3-22

「――準備、手伝いましょうか?」

と、朗らかに言われたのだが、面白がってるのが見え見えだ。

3-22

「じ、自分で出来るよ!」

もうっ!と怒る姿をまた可笑しそうに笑みながら
Leraieは階下へと降りていった。



少し後。


準備が出来て外へ出るなり、騒がしさに辺りを見回す。

見れば、住民は皆足早に通り過ぎていき、
街のガードもいつもよりせわしなく街中を巡回している。

ここ数日Cheydinhal内はこんな調子になっている。

何かあったに違いない――

と、今日辺り出掛けようか、という話になったのが昨日だ。


手始めに、近場を歩いていたガードに声を掛ける

3-22

どこからともなく、不気味なゲートが城壁の外に現れたんだ。
 ガードたちが出動して、大ごとだよ。


そうぼやいて、そそくさとガードも巡回に戻ってしまった。

3-22

近場に居たほかの人間にも話を聞いてみるが

3-22

ガードが今すぐOblivion Gateを何とかしてくれないなら、街を出ます。
 ここに居ては危険です!


3-22

みな、あの恐ろしいOblivion Gateから
 Farwil騎士団が無事戻ってくることを待ち望んでいます。
 なんと勇敢な若者たちでしょう!


ざっと聞いて回った話では
街の外壁のちょうど外側に、Oblivion領域へのGateらしきものがあるらしく
ガードが警戒し緊張が高まっているようだ。

場所は西門から外に出てすぐ。

tougaとClaudeの2人はその場所へ向かうことにした。


3-22

それは容易に発見することができた。

3-22

Gateの前では1人のガードが立ち尽くしていたのだが
tougaたちに気づくなり近寄ってくる。

3-22

あの地獄の扉には近づかないほうがいい

ガードにほかのGateに入った経験があるとtougaが伝え
各地で続々とGateが開いていることを言われ、知っていると2人は頷く。

結構。あなたは、あれが何か生産するかということもご存知なわけだ。
 もっともFarwilが中に入ってからは何も現れていないが


さっきも聞いたような、と考える仕草をするtougaを見つつ
ガードは話を続ける。

二日ほど前のことだ。
 Indarys伯爵(Cheydinhal領主)のご子息Farwil
 6人の仲間と共にOblivion Gateに入っていった。
 それ以降、何の音沙汰も無い


…よりにもよって、伯爵の子息とは…

伯爵は最悪の事態を恐れている。
 そして、誰かが出てきた時、すぐ報告できるよう
 ここにガードを置いたのだ。
 今のところ、誰も戻ってきていないが


どうやらいまだに生死すら不明らしいのだが
2日経過しているとなると…

この期に及んで、Indarys伯爵はご子息をGateの中から救い出した者
 …あるいは、彼の死を確認した者に報酬を出すといっている。


そこまで言って、ガードは苦笑する。

>FarwilKnights of the Thornの生き残りを発見したら
 どうか無事に連れ帰って欲しい。
 Gateが消えれば、伯爵もきっとお喜びになる。」

Knights of the Thorn茨の騎士団

3-22

あの連中のことかい。

言って、ガードはどこか馬鹿にしたような口調で苦笑する。

Knights of the Thornは騎士気取りの若造の集団さ。
 2年ほど前にFarwilが結成したんだ
 自慢と口だけの連中さ。
 本当に仕事をしているのは我ら、CityGuardさ


そういって肩をすくめて見せる。

どうやら相当ガードからの評判は悪いようだ…。

この話以外にも
FarwillはDunmer…DarkElfの若者で
鋼鉄のプレートアーマーと、盾には彼らの騎士団の紋章が付いていること。

…まあ、金にモノを言わせた装備をしている、という。


うーん、と、tougaは腕を組んで唸る。

3-22

「ここまで聞いといて、放って置く訳にもいかないよね」

「まあ…ね。
 一人だったら流石に止めるけど、僕と2人でなら何とかなるんじゃないかな。
 最悪はGateを閉じなくても、子息の消息が掴めれば良い訳だし」

2人は一度視線を合わせて、頷きあった後
その足をOblivionGateに向ける。

3-22








と、言う訳で。

Cheydinhalのクエストにお出かけしにいきます。


クエストのネタバレになるかなーと若干気にしては居ますが
すでにやってる方が多い…かな?と思ってやっちゃいます。

更新しようと思いつつ日が開いてしまい、


今日は更新だ!

と思っていたら豪雨に見舞われ…

PCが盛大に水にぬれ…


丸一日放置せざるを得ないという…悲しい状況になってました。


とりあえず、PCは無事に動いたので大丈夫そうなんですが
ブルスクやシステムエラーを連発し
ちょっと不安な状態になっています。

…大丈夫だと、いいんですが…。
関連記事

| RP日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。